リスク規制とコンプライアンス

日付: August 5, 2015
ページ: 10
価格:
ドル55.00
出版社: サディア・サイード
レポートの種類: 記事
配信: メール配信(PDF)
ID: RE976D5547AEN
リーフレット:

PDFリーフレットをダウンロードする

リスク規制とコンプライアンス
このレポートでは、英国におけるユニバーサルバンキングの役割、その構造、およびユニバーサルバンキングモデルの規制上の課題について説明します。 さらに、それによって世界的な金融危機が悪化したこと、および規制当局がそれにどのように対応したかを説明し、それを改善するための提案が示されました。
要約:
導入:

i) Describe the structure of the UK banking system and assess the regulatory challenges of the universal banking model.

ii) How relevant was the existence of such a banking model to the amplification of the effects of the global financial crisis to the British economy?

iii) What was the reaction of the regulatory authorities in the light of this financial crisis? Do you believe they managed to accommodate the perils of it and, especially, the systemic risk exacerbation?

Regulatory responses:
Improve incentives:

iv) What would be your suggestions, as regulatory experts, for the improvement of the regulatory/supervisory framework, in order to avoid such incidences of systemic?

Financial crises in the future:
(1) Promote robust supervision and regulation of financial firms.
(2) Establish comprehensive supervision of financial markets.
(3) Protect consumers and investors from financial abuse.
(4) Provide the government with the tools it needs to manage financial crises.
(5) Raise international regulatory standards and improve international cooperation.
結論:
参照:
トップへスキップ


あなたの質問をする

リスク規制とコンプライアンス
会社名*:
連絡窓口*:
電話/ファックス*:
Eメール*:
請求書を要求する
お問い合わせ:
下のチェックボックスをクリックして、あなたがロボットではないことを確認してください。