不動産市場調査レポートおよび業界分析

不動産(不動産または不動産)は、建物およびそれに恒久的に固定されているその他の構造物と結合した土地のパッチを意味します。 不動産はまた、通常は不動産業者によって(通常は)または所有者自身によって販売される事業用および/または住宅用不動産を指す。 その用途に基づいて、不動産は、商業用、住宅用(住宅用)、工業用に大別することができます。

世界的に見て、不動産市場は政治的シナリオと経済的背景、人口動態の力、雇用機会、そしてさまざまな気候パラメータの影響を受けています。 商業市場セグメントは、資本の入手可能性の高さおよび加工業界の活動の刷新により、徐々に上昇しています。 しかし、特に先進国の住宅部門では、やや憂鬱な回復が見られます。 その間、とりわけ、中国、インド、オーストラリア、タイ、ベトナムの不動産市場は、アジア太平洋地域ではかなり有望です。

このカタログの下にある調査レポートは、世界の不動産業界に関する比類のない知識を提供し、主要な市場の制約と成長の推進力、セグメンテーション、サイズ設定(価値/量)、そして成長のテンポを開示しています。 地域および個々の国の市場も調査報告書で詳細に分析されています。 関係する大小の企業と競争環境が調査され、さらに詳細な予測が研究報告書にあります。

4675の出版物が見つかりました
Residential Property Managers Asia Report&Database ドル1,650.00 9月、2019 1943ページ
1 2 3 4 5 >
トップへスキップ