建築材料の市場調査レポートと業界分析

建築材料には、さまざまな建設目的に使用される、天然および人工の非常に多様な物質が数多く含まれています。 スチール、ガラス、プラスチック、木材、セメントが最も頻繁に使用される建築材料です。 卸売業者、ディーラー、小売業者は、建材の主要な販売業者です。 建築材料は、2つの基本グループに大別されます。汎用材料と特殊用途材料です。 機能に応じて、天然石積み、木材と木材、セラミック、断熱材、ポリマー建築材料と無機バインダー、モルタルとコンクリート、金属、ガラス、有機バインダーと防水、標準と改善、ワニスと塗料に分類されます。

人口の増加、生活水準の向上、急速な都市化、住宅および非住宅部門からの建築資材の需要の継続的な増加は、市場成長の主な推進力です。 「環境に優しい」建築材料と特殊材料は、最も有望な市場セグメントを表しています。 Rinker Group、DuPont、BASF、Saint-Gobain SA、Boral、Wienerbergerは、市場リーダーとして認められています。

このMarketPublishersのカタログには、可能な限りあらゆる地理的スケールで建築材料市場をカバーする調査レポートが含まれています。 この研究は、市場構造、市場を動かし、抑制する主な力に関する情報を提供します。 製品タイプごとに市場を分析します。 レポートは、競合状況を掘り下げ、さまざまな市場セグメントを支配している主要企業を特定します。 さらに、研究は、建築材料市場の将来の開発動向の可能性について概説しています。